トップページ > TPIとは

TPIとは

TPI(Todai Personality Inventory・東大版総合人格目録)

I. 開発の経緯

TPIは東京大学で1955年から1962年にかけて精神医学と教育心理学の専門家によって開発された心理テストで、500問の質問紙とマークシート式回答用紙からなる学術用心理テストです。これを、故松平定康が、臨床経験を通して独自に創案した尺度を付加し、「松平定康式TPI解読法」を開発、一般企業でも活用出来るように作り上げたものです。

TPI著作権者である東京大学TPI研究会、出版権者である財団法人東京大学出版会の了承のもと、株式会社日本人材開発医科学研究所の前身である、株式会社人材開発情報センターがコンピューター化したものです。

II. TPIの特徴

  • 1.固定化した性格ではなく、変化する行動傾向をとらえる
  • 2.性格ではなく行動のコントロールをねらう
  • 3.テスト万能ではなく、人間理解の一つの道具として
  • 4.人事秘にせず、本人による自己分析を行い、本人へのフィードバックをすること

III. 活用の方法

  • 1.自分自身への気づきや自己改革のために
  • 2.部下や後輩への助言・指導を深みのあるものとするために
  • 3.ワークアウト・組織開発・目標管理の原点として、本音で話し合える職場作りをするために
  • 4.行動変革を狙いとする研修にセットして、研修効果を高めるために
  • 5.ヒューマンアセスメントの納得性を高めるために
  • 6.メンタルヘルスの応用に

IV. TPI質問紙、回答用紙並びに以下のアウトプットデータとテキストを提供しています。

TPI-GAD・PAC・CONの活用にはTPIインストラクター資格が必要です

TPIは東京大学のTPI研究会が開発した心理テストです。「松平定康式TPI解読法」は、これを企業内研修に取り入れるために開発されたものです。したがって、TPIに精通している方のみ、これを活用できるようになっており、TPIインストラクター制度がとられています。

TPIインストラクターの種類

  • 1. インストラクター
  •  「松平定康式TPI解読法を正しく普及する委員会」の委員。
    TPIの研究、インストラクターの養成と、資格認定・指導・管理・監督を行います。
  • 2. プロインストラクター
  •  社内インストラクターの資格を有する者で、自身が所属する組織を離れ、不特定多数の方を対象にTPIを活用することが出来ます。社内インストラクターとしての活動経験、年数、実績、実力などを勘案し、審査の後認定されます。
  • 3. 社内インストラクター  (所属企業・組織の代表者の同意が必要です)
  •  自身が所属する組織内での研修にTPIを活用することが出来ます。第1ステップの「影響力発揮セミナー」、第2ステップの「インストラクター養成コース」を成功裏に終了された方は、必要な手続きを経て社内インストラクターに認定されます。